時は待ってくれません

クラウドファンディングもあと50時間をきりました。お寺という性質上、プロジェクト開始までなかなか手間取りました。昨年の名刀写し展の繋がりから協力いただいている方。「刀剣の朱印が欲しい」「でも、許可取ってるの?」などいろんな声により右往左往した40日間でもありました。だれの為でもない、何よりも津山藩主松平家の藩主の為に始めた修繕事業。プロジェクト成功にかかわらずやる事はやらねばなりません。

クラウドファンディングの後押しをお願いします。

クラウドファンディングも残り30日となり、ご意見をいただき昨年、津山郷土博物館で開催された「天華百剣~名刀写し展~」がコロナ禍であったため、泰安寺で朱印をしていたことを後で知りましたというお声もありました。そこで、この度のクラウドファンディングのリターン、つまり、このプロジェクトが達成した際に朱印を1回限りの復活をさせていただきます。なお、あくまでもプロジェクト成功のリターンになりますので、今回のプロジェクトが達成できなかった場合は、お渡し出来ない事となります。何卒、宜しくお願い申しあげます。